金川被告死刑判決 被害者、謝罪を望む

  • 2009/12/18(金) 12:00:35

12月18日11時49分配信 毎日新聞

茨城県土浦市のJR常磐線・荒川沖駅前で08年3月、通行人を次々と襲い、6月の「秋葉原通り魔事件」を誘発したともされる土浦通り魔事件。9人を殺傷し、殺人罪などに問われた同市中村東3、無職、金川真大(まさひろ)被告(26)の判決公判が18日、水戸地裁(鈴嶋晋一裁判長)であった。計8回の公判を通じ、悔悟の言葉を一度も口にしなかった金川被告。求刑通りの死刑判決に、何よりも謝罪を望む被害者の心は揺れる。

 金川被告は薄緑色のジャケットに黒色のジャージー、サンダル姿。口をへの字に曲げて厳しい表情で入廷し、死刑判決にも表情を変えなかった。

死刑判決、当然なんですが何か納得出来ませんね

だって今のままだと被告の思い通りですよね

やっぱり一生刑務所で終わらせるのが

一番この外道にとっては苦痛なのではないでしょうか?

本当のところはどうしたら良いのでしょうね

HOME |